ページトップへ

お電話でのご予約・
お問い合わせは

お電話は0120-327-427まで。

受付時間:9:00〜17:30
(水曜日を除く)

見学予約 資料請求

お客様の声

災害に強いRC住宅なら家族で安心して暮らせます。

災害に強いRC住宅なら
家族で安心して暮らせます。

家族構成

ご夫婦・お子さん1人の3人暮らし

お住まい

仙台市

仙台市のシンボルとして親しまれている広瀬川。 清流を渡り、坂道を上り切った高台がMさんご一家のお住まいです。

M様ファミリー

笑顔で迎えてくださったのは、ご夫婦と元気いっぱいの3歳の息子さん。家の周りに草木の鉢植えが並び、玄関には新居のお祝いに贈られたレモンの木がたわわに実を付けていました。

庭の一角にはご主人手作りの小さな砂場も。息子さんが大好きな場所で、「ここで遊び始めるとなかなか家に入りたがらなくて困ります(笑)」と奥様。

砂場で遊ぶお子様

何でも手作りしてしまうご主人、ゆくゆくは花壇を作る計画もあるそうで、新しい暮らしをご家族で楽しんでいる様子がうかがえます。

ご一家は以前、仙台市内の賃貸住宅で暮らしていました。「息子が幼稚園に入るまでにはマイホームを」と昨年末から住まい探しを始めました。

「建売住宅の内覧会を何件か回ったんですが、なかなか2人の希望に合うところが見つからなくて。半ば妥協気味にここの近くのとある物件に決めたんですが、売却済みになってしまい…」。そんなタイミングでホームページでイイミライエと出合いました。

外観

「建売なのにガレージがあることにまず驚きました。職場も自転車で10分ほどですし、子どもが将来通う小学校や中学校も近い点も決め手になりました」とご主人。

ガレージ

RC住宅は高額なイメージがあったため、もともと候補に入れていなかったそう。こちらは少し予算オーバーしたものの「それ以上に気に入ったので」とご夫婦が共に納得のいく結果となりました。

当時は建築中だったため、完成済みの別なイイミライエを見学しながらイメージを膨らませたそうです。

Mさんのお住まいは2階建て。玄関をはじめLDK、バルコニーなど各所にゆとりのある造りになっています。中でもバルコニーがお気に入りで、「もう何度もバーベキューをしました。夏はここにプールを置いて息子が水遊びも楽しみました」とご夫婦。

プールで遊ぶお子様
バルコニー

庭やガレージ周辺には、砂場のほかにもご主人がDIYした物置や体作りのためのトレーニングマシンが置かれています。

「ここは行き止まりで車が来ないので、息子も安心して遊ばせています」と奥様。先日は特大のシャボン玉を作って遊んだそうです。

オール電化の暮らしにも満足しているそう。「光熱費はガスなどを併用だった以前の住まいと比べ半額程度に収まっています。夏は一日中エアコンを付けていたんですが1万円以内で済みました。RC住宅だとすぐに冷えますし」(ご夫婦)

取材前には大きな台風がありましたが、堅牢なRC住宅の良さを実感したそうです。

「風や雨の音は気になりませんでした。坂の上なので水害の心配もありません。災害に対する安心感はとても大きいですね」(ご主人)

早くから家々が建ち、昔ながらの「ご近所さん付き合い」が息づくこちらの地域。Mさんファミリーも温かく迎えられ、「皆さんとてもいい方ばかりで、自家製の野菜をおすそ分けされることもあります」とご夫婦。その穏やかな表情から、暮らしの満足度が伝わってきました。

NEWイイミライエのRC住宅で暮らし始めてから、1年経過したM様一家へ

春夏秋冬、それぞれの季節をイイミライエで過ごした感想を聞くべく、再度取材に伺いました。坂道を登りきり、到着すると、今回も前回と変わらない笑顔で迎えてくださいました。元気いっぱいの息子さんも4歳になり、人見知りもちょっぴりするようになっていました。

1年以上イイミライエに住んでの感想を聞いてみると...「1年住んだ今も、特に不満点はありません。いつも快適にすごしています。」とご夫婦。

M様のお家は2階リビング収納付きプランとなっていて、「これ(収納)すごく便利です。出しておきたくないものとかもすぐしまえるんですよ。」息子さんもそこからお菓子を自分で選んで食べているそう。これから注文住宅をお考えの方は参考にしてみるといいかもしれませんね。

光熱費をお伺いしてみると、「だいたい電気代は平均で12,000円くらい。冬はストーブも使っているので少し高くなるかな。」M様と同じ家族構成の一般木造住宅と比較しても、平均で約4,000円ほど抑えられています。オール電化住宅で気密性がいいイイミライエだからこそ光熱費も安く抑えられているようです。

また、前回の取材時にもお聞きしたRC住宅の堅牢さについては、台風等の自然災害時も安心して いられるとのこと。
万が一の場合でも、家にいることが一番の安全対策になるのがイイミライエの良さの一つです。

さらに、ご近所の生活音が気になったり、􏰀音で迷惑したりしたことは一度もないという。 「うちが一番うるさいんじゃないかな(笑)」奥様はそうおっしゃいますが、 隣のイイミライエに住んでいるお客様からも、そういった声は聞こえてきません。 改めてRC住宅の防音性・遮音性の高さを実感していただけているのではないでしょうか。

ワイドバルコニーの使い方を聞いてみると、昨年と同様に、プールとタープを出して息子さんと遊んでいたそう。息子さんはプールが大好きで、一日に3回入る日もあるんだとか。コロナ禍でもお家時間を利用して、たくさん楽しんでいたようです。

もっとこうしてほしかった、という要望があるか尋ねてみると「屋上があったら、もっと良かったのにな、とは思いますね。」とご主人。M様のお家は 小高い立地にあるため、屋上があったらもっと見晴らしが良く、暮らしの幅も広がっていた かもしれませんね。(斜線制限やプランの関係上、屋上の建設が難しい場所でした...)

お子さんの写真

外を案内していただくと、すべてご主人の手によって作り上げられた花壇や家庭菜園、 ブランコがありました。(M様のお家は、イイミライエの他タイプとは少し異なり、 庭付でガレージの空間も広い物件です。)

花壇や植物の鉢はワントーンに塗られ、花壇の真ん中に置かれたテーブル・椅子も同色で作られていて、統一感のある空間に仕上げられていました。ご夫婦のセンスの良さが表れています。

「􏰁型コロナウイルスの自粛期間中はずっと外でDIYしていました。朝起きたらまず外で作 業するのが日課になりましたね。2週間ほどの自粛期間では時間が足りなかったほどです」 (ご主人)

1年前にも取材させていただいたM様。今回の取材ではさらに暮らしを豊かにアップデー トし、充実した生活を送っている様子が伺えました。

「これからもっと作りたいものがたくさんあります。家庭菜園では、これからまた違う野菜を植えていこうと思っているところです。」(ご主人)

なんでも手作りでき頼れるご主人と、その様子を温かいまなざしで見守るやさしい奥様、その二人の愛情を受けてすくすく元気に成⻑している息子さん。

そんな笑顔あふれる素敵なご家族が住む家、イイミライエでした。

庭でくつろぐ家族
外観
お気に入りのインテリアに囲まれ自分らしい暮らしを楽しんでます。

お気に入りのインテリアに囲まれ
自分らしい暮らしを楽しんでます。

家族構成

男性

お住まい

大崎市

秋山さんがイイミライエに入居されて約3カ月。お気に入りのデザイナーズ家具に囲まれた、自分らしく、自由なシングルライフを楽しんでいらっしゃいます。その満足ぶりは、「毎日早く家に帰りたくて仕方ない」ほどです。

イームズ、ジョージ・ネルソン……インテリア好きにおなじみのデザイナーズ家具がLDKに並びます。その洗練された空間は雑誌の1ページのよう。

外観

「以前、東京で家具の修理や買い付けの仕事をしていたこともあって、1950年代のアメリカのインテリアが好きなんです。気に入ったものを少しずつ集め、それらを一度に置ける場所を持つこと。それが夢でした」

お気に入りの家具を自由にレイアウトする=マイホームを持つ。夢を叶えた秋山さん。

「毎日早く家に帰りたくて仕方ないんです。外に出る回数も減り、飲みにも行かなくなりましたね(笑)。ここで飲んでいることが多いです」

外観
外観
外観

相談したその日に即決。「自分の直感を信じて正解でした」

秋山さんは大崎市のお隣、栗原市の出身で、これまで栗原のご実家でご家族と暮らしていました。現在36歳の秋山さん。

「本当は30歳までにマイホームを持ちたかったんですけど、なかなかいい物件に巡り合えずにいました」。そんな時、イイミライエを知ります。

「仕事でこの辺りを車で走っていた時、たまたま見掛けたんです。何か造っているな、と。看板を見たら、鉄筋コンクリートの家と出ていて。そこにすごく興味を引かれました。

最近自然災害が多いですけれど、コンクリートなら頑丈かなと思って」

後日秋山さんは、看板に記されていた施工会社・江村工務店を訪れます。

「(担当の)菅原課長に建物の魅力をうかがいました。完成パースも見せてもらったら外観もかっこよかった。その日のうちに購入を決めました。コンクリート住宅というと価格が高いイメージだったんですけれど、実は私、仕事の関係でコンクリートの単価などに関する知識もあるので、菅原課長にはその辺もざっくばらんに説明していただき、納得のいく価格でした」

数年も決めかねていたマイホームを相談当日に決断。

不安はなかったのでしょうか。「図面とパーツだけで決めてしまったわけですけれど、昔から自分の直感を大事にしてきたので迷いはなかったです。家具選びもそうです。今は直感を信じて正解だったと思っています」

外観

職人さんの丁寧な仕事ぶり、きめ細かい営業の方の対応、安心して住める家だと思います。

コンクリート住宅の特長である高い気密性、断熱性。さっそく体感していただけているようです。

外観

「雨音はほとんど聞こえませんね。どんなに強い雨でも。防音性も高く、相当大きな音でテレビを見たり、趣味のDVD鑑賞をしていても音漏れしていないようです。以前、自宅で友達と飲んだ時に、近所迷惑になるのではと心配になって外に出てみて確認してみたところ、全然大丈夫でした。

まだ真夏、真冬を経験していないので分かりませんが、断熱性も高いと思いますよ」と秋山さん。 と、ここで「私は暑がりなんですけれど、皆さん寒くないですか」と温かい心遣いでエアコンをON。約17畳のLDKがあっという間に温まりました。

「家を持つなら古川に、と前々から決めていました。いろいろと揃っていますしね。特にこの辺りは便利です。車で5分圏内にスーパーもあるし、大きな病院や古川駅も近いですしね」と環境も気に入っています。

「施工中の現場も見ましたが、江村工務店の職人さんの仕事はとても丁寧。営業の方にもきめ細かく対応していただきました。安心して住める家だと思います」

愛犬、愛猫たちも大満足「駅近」立地もお気に入り

個性が光る外観に夫婦で
もう、ひとめぼれでした!!

家族構成

ご夫婦・お子さん2人の4人暮らし

お住まい

仙台市

吉田様ご一家はご夫婦と5歳と3歳になるお子様の4人暮らし。約2カ月前、福島県いわき市から仙台市に移り、イイミライエで新しい暮らしをスタートさせました。
仙台で暮らすこと。それはご夫婦にとって10年来の夢だったそうです。

「都会で、それでいて緑も多くて。いつかこの街で暮らせたらいいねと2人で話していたんです」。遊びに来るたびに思いは高まり、インターネットで家探しを始めました。

「イイミライエもインターネットで見つけ、見学会をやっていたので実際に見に来たんです。そうしたら、『やっぱりいいね』ということになって。そこから家探しをやめて、ここ一本に絞りました。結局見学会に出掛けたのはここだけでしたね」とご主人。
「もう、ひとめぼれだったよね」と奥様も振り返ります。

外観

「一風変わった、こじゃれた家に住んでみたいよねと話していたので、希望にぴったりでした。一目見て、こんなところに住みたいと思いました」
「(イイミライエの)スタッフの皆さんもとても親切で、ここなら間違いないと主人と話していました」と奥様。

ご主人も「(担当者と)LINEでやり取りしていたんですけれど、どんなにささいなことにも丁寧に対応してくれました」と振り返られます。

 内観

周辺の環境も購入の大きな決め手に。

「10分ぐらい歩けば(JR仙山線)東照宮駅があり、そこから仙台駅までは一駅5分程度。街中へのアクセスがとても便利です」(ご主人)

「息子の幼稚園も歩いて2分です。スーパーやホームセンター、家電量販店なども近く、買い物にも困りませんね」(奥様)

ご自宅は約6mの道路を挟んだ線路沿いですが、高い気密性のためか「電車の音は気にならない」といいます。

「全く聞こえないという訳ではないですが、不快な感じは一切しませんね。子どもたちは『電車来た!』と喜んでいます。男の子ですね(笑)。むしろ、線路があるということ、これからもわが家の前に建物が建つことがないということ。その安心感の方が大きいです」とご夫婦は語ります。

 内観

雨の日も濡れずに乗り降りできる「インナーガレージ」、広々とした2階バルコニーもご夫婦のお気に入りポイントです。

 内観

6.6帖のバルコニーは大きめのテーブルと椅子を置いてもまだまだ余裕があります。「今度ここで、たこ焼きパーティーを開く予定なんですよ」

 内観

ご一家の以前の住まいは木造平屋建てだったそうで、お子様たちは階段のある暮らしが楽しそう。

「3階から見える仙台の街並みの夜景もとてもきれい。寝る前に眺めてほっこりしています」と奥様。

1階は主に奥様の仕事部屋、2階がリビング、3階がプライベートな空間と階ごとに目的が区分けされているので、急な来客にもスムーズに対応できるそうです。 お子様たちの成長後にも思いを巡らせます。

「子ども部屋のある3階へ上がるには必ずリビングを通るので、自然と顔が合わせられてコミュニケーションも取りやすいのかなと思います」(ご夫婦)

 内観

おしまいに、購入を検討されている方へのアドバイスを尋ねました。

ご主人は「この家は購入して損がないです」ときっぱり。奥様も「満足した生活が待っていますよ、ですかね」と笑顔で続けます。

お二人の言葉や表情、そして家じゅうを元気に走り回るお子様たちの様子から、ご一家の素敵な暮らしぶりが伝わってきました。

マイホームを探し2年イイミライエと出会えたから悩んでよかった

マイホームを探し2年イイミライエ
と出会えたから悩んでよかった!

家族構成

ご夫婦

お住まい

仙台市

レトロな形がかわいい薄緑色のアラジンストーブ、白壁に映えるウッディなテーブルやイス…。シンプルな中にセンスが光る、そんな暮らしぶりはご夫婦が醸し出す雰囲気そのままです。

内観

イイミライエに入居して約1カ月。
「知人に木のリビングテーブルを作ってもらっているところなんです。一つ一つお気に入りをそろえていくのが楽しみです」と笑顔がはじけます。

おふたりは九州・宮崎県の出身。故郷から遠く離れた仙台には、ご主人の転勤で2012年に移り住みました。市内での賃貸マンション暮らしを経てマイホーム探しを進める中、完成間もないイイミライエの前を偶然通りかかりました。

「外観にひとめぼれでした。かっこいいなと。ネットで詳しく調べたらますますいいなと思って」とご主人。

実はご主人、イイミライエの施工会社・江村工務店とは仕事上でつながりがあり、職人の仕事っぷりを以前から評価していたそうです。
「若い人が多くて、てきぱきと仕事をこなす。そんないい印象を持っていたので、ここなら間違いないと思いました」

外観の良さに加え、スーパーや駅に近い立地も気に入り奥様も大賛成。「むしろ奥さんの方がすごかったんです、絶対ここに住みたい!って」とご主人は苦笑します。

外観

自宅でネイルサロンを開く奥様にとって、1階が一室だけの間取りも大きな決め手となりました。玄関から入ってすぐサロンの部屋に出入りできるので、お客様にプライベートな空間が見えることがありません。

「以前住んでいたマンションでもサロンを開いていたんですが、そのときからのお客さまからは駅が近くなって来やすくなったと喜んでいただいています。また、不特定多数が出入りするマンションよりも戸建ての自宅サロンだと安心感が増したともいわれます」

外観
外観

誤解されがちなRC住宅、実際住めばきっと良さがわかる

イイミライエとの巡り合わせが「ひとめぼれ」だったおふたり。さぞかし、直観的、スムーズなマイホーム探しだったかと思えば、実は決めるまで2年ほどを費やしました。ハウスメーカーを回ってもなかなか希望と合わず、時には冷たくあしらわれたこともあったそう。

「私たちは家購入の決め手は人だと思っているんです。どんなにいい家でも、担当してくれる人に好印象が持てなかったらだめ。家が一生物なのと同じで、担当してくれた方とも一生のお付き合いをしたいと考えていました。その点、(イイミライエ担当の)松田さんはとても親身になってくれて、税金の相談などにも乗ってくれました。イイミライエ、松田さんと出会えた今では2年間悩んでよかったと思います」と奥様は話してくれました。

木造と比べ、まだまだなじみが薄いRC住宅。抵抗はなかったのでしょうか。 ご主人はこう語ります。「私たちはもともと“頑丈で安心”“おしゃれ”といった印象でしたが、ネット上では“寒い”“湿気がこもる”などマイナスな書き込みも見掛けます。実際はそんなことはないんですけれどね。RC住宅に住んでいる人が少ないからマイナスなイメージばかりが誤解して広がっているんだと思います。とにかく住んでみれば良さがわかります」

外観

「てげ、よかど」イイミライエの暮らし

ドライブやカメラ、サーフィンなど多趣味なご主人。なかでもサーファー歴は約20年で、宮崎県にいたころは毎日のように波乗りしていたそう。仙台に来てからはサーフィンに加えて、夫婦でスノーボードも始めました。

「まだ整理できていませんが、ボード類は玄関の土間収納にまとめられるから便利です。バーベキューも好きなので、温かくなったら屋上で楽しみたいと思っています。賃貸ではできなかったこといろいろと楽しみたいです」

おふたりらしいイイミライエでの暮らしは、まだまだ始まったばかりです。 おしまいに、イイミライエの住み心地をおふたりの故郷宮崎の言葉でリクエスト。
「〝てげ(とても)住みやすい〟〝てげ、よかど〟こんな感じですかね」と笑顔で応えてくれました。

※奥様のサロン名は「neil salon GIRAFFE」。 GIRAFFE=ジラフは英語で奥様が大好きなキリンの意味。好きなポイントは「長いまつ毛と体の模様」なんだそう。インスタもやっています。

外観
ゆったりガレージで愛車も安心。2階なら北向きでも日当たり良好

ゆったりガレージで愛車も安心。
2階なら北向きでも日当たり良好です。

家族構成

男性一人

お住まい

仙台市

バイク好きなら誰もが憧れる名車「隼(はやぶさ)」。イイミライエで暮らすSさんの15年来の愛車です。ピカピカに磨き込まれ黒光りするマシンは、シャープなRC造りのガレージに一段と映えます。愛車で沖縄以外全国を旅したほどバイク好きなSさん。イイミライエ購入のきっかけもバイクでした。

Sさんは以前アパートに住んでいました。駐車場には屋根がなく、バイクの保管場所としては十分とはいえませんでした。そんな中、同じくバイク好きのお兄様から、イタリアの単車「ドゥカティ」を譲られることに。バイク2台を安心して停められる、しっかりとしたガレージがいよいよ必要となりました。

外観

趣味に仕事にと充実したシングルライフを送るSさん。独身で一戸建てを購入したご友人が身近にいたため、「そろそろ自分もマイホームを」とネットで住まい探しを始めました。そこで見つけたのがイイミライエ。ゆったりとしたインナーガレージ付きで、駅に近い立地も気に入り、見学会に参加しました。

「実際に見たらすごく良くて。フラットなデザインも好みでした。北向きの家なので採光性だけが気掛かりだったんですが、全く気になりませんでした」 採光性を良くするために、窓の取り方や仕上げ材を考慮するなどさまざまなが工夫が施されています。暮らしの中心となるリビングも2階に配置。人目も気にせず開けっ放しにし、光をたっぷりと取り込むことができます。

離れて暮らすお母様やお兄様も北向きを心配していましたが、入居後に遊びに来て日当たりの良さを実感、安心して帰られたそうです。

内観

ほかは見ないで一発決定

唯一の気掛かりを見学会で解消したSさん。他を見学し比較検討することなく、イイミライエの購入を一発で決めました。

「実家がマンション住まいだったのでRC住宅の住み心地や耐震性などは把握済み。関東などへの転勤で木造アパートやALC(軽量気泡コンクリート)造りのマンションにも入居してきましたが、やっぱり安心感はRCが一番です」 イイミライエに入居して1カ月あまり。高い気密性を日々実感しているそうです。「いつも室温が一定で、外が暑い日も快適に過ごせています」

決め手の一つだった立地にも満足。「駅の改札まで5分ほどの利便性の良さ。外での飲み会などの帰りも、公共交通機関を利用できて便利です」とSさん。「駅から徒歩圏」を理想とするイイミライエの特長をさっそく実感していただいているようです。

内観

設計の工夫に感心しました。

暮らしてみて初めて気付いた工夫も。 「お隣さん2軒もイイミライエの家なんですが、プライバシーを守るためにお隣さんと接している側の窓の位置が微妙にずれているんです。3棟まとめてデザインされたからこその配慮ですよね。よく考えられているなと感心しています」

外観

「不満点はないんですが、本当に本当に強いてあげれば、空間を広く使いたいので3階の3部屋が2部屋だったら良かったかなと。それぐらいですかね」 一番のお気に入りはリビングで過ごす時間。選びに選び抜いたリクライニング式ソファに身をゆだね、お酒を飲みながらテレビを見るひとときが至福。あまりの気持ちよさに「寝落ちしてしまうこともしばしば」なんだとか。多彩な趣味を思い切り楽しむSさんらしい暮らし方が、イイミライエで始まっています。

外観
愛犬、愛猫たちも大満足「駅近」立地もお気に入り

愛犬や愛猫たちもとても大満足!
「駅近」立地もお気に入りです。

家族構成

ご夫婦とペット2匹

お住まい

多賀城市

Tさんご一家はご夫婦と2匹の愛犬、愛猫1匹とで暮らしています。 多賀城市内のイイミライエに入居されて約 1カ月半。 「すごく気に入っています。『うち、かっこいいな』と毎日気持ち良く帰宅できるのがいいですね」と奥様。 市内の同じ職場で働くご夫婦。「わが家の前を通勤で通る同僚が多いんですが、『めっちゃかっこいいね』とみんなに褒められます」とご主人も笑顔で語ります。

外観

ご一家は以前、市内にある社宅で暮らしていました。 「そろそろマイホームを」と住まい探しを始めたのは1年半ほど前。
「あちこちの展示場を見学したり、ホームページで調べたりしましたけれど、見るたびに なんか違うな、と。実は以前、イイミライエの(仙台市)中野栄の物件も見学していたんです。かっこ良くて気に入ったんですが、職場にちょっと遠いのがネックになり、なかなか踏み切れませんでした」(ご主人)

そんな中、多賀城市内にイイミライエが完成。職場に近く、そのうえ奥様のご実家からも近距離。これが大きな決め手となり、見学から程なく契約に至りました。
「ここはとにかく立地がいいですね。(JR仙石線)多賀城駅まで歩いて2、3分。以前は駅 まで20分ほどかかったので、出掛けるのも車を使うことが多かったんですが、今は電車を利用する機会が増えました」(奥様)

イイミライエの最大の特徴であるRC造。ご夫婦にとっては以前から身近なものだったそうです。
「主人の実家がコンクリートの家なんです。建築家の義父が建てたものです。私は一目見たときからその家に憧れていたので、イイミライエはすぐに気に入りました」子どもの頃からRC住宅で育ち、住み心地や特性を体感してきたご主人にとっても、RC造の選択は自然な流れだったようです。
「木造だと普通すぎて、物足りなさを感じるんですよね」と話します。

外観

ご夫婦、そして愛犬、愛猫たちの一番のお気に入りの場所は、広々とした屋上。 「芝生を敷いてもらい、この子たちを遊ばせています。以前の家は狭かったから思うように走り回れなかったんですが、ここは十分な広さなのでうれしそうです」(奥様)
さらに「床のフローリングも犬や猫たちが走り回っても滑りにくく、傷も付きにくい。動物の毛が落ちてもあまり目立たない色合いなので、ペットを飼う方におすすめです」(ご主人)とも。

外観

共に「洋服が大好き」というご夫婦。入居に当たって、たくさんある洋服の収納場所として3階の部屋を丸々クローゼットにリフォームしました。

外観

「まだまだゆとりがあるので増えても大丈夫だね」と笑顔で顔を見合わせます。 また、ご主人が気掛かりだった「北向きの家」という点も、大きな窓から光を取り入れ、 十分な明るさになっています。直射日光が当たらないから差し込む光も柔らかく、「入居後はむしろ北向きをプラスに捉えられるようになりました」

内観

「備え付けのエアコンや食洗器なども一流メーカーのものばかり。すごく使いやすく、満 足しています」と奥様。日々の暮らしの中でその快適さを実感しているそうです。

ご近所よりひときわが背が高い3階建て。さらにその屋上からとなると見晴らしは抜群です。遮るものがなく視界が開けます。
「屋上に水道や電気もあるので、夏はバーベキューをしながら多賀城や塩竈の花火を見たいと思っています」とご夫婦。愛犬、愛猫たちを交えたイイミライエでの新生活。心から楽しんでいらっしゃるようです。

外観
マンションとほぼ同額で、広くて便利な一戸建てに住めました。

マンションとほぼ同額で、
広くて便利な一戸建てに住めました。

家族構成

30代ご夫婦とお子様の合計3人家族

お住まい

仙台市二軒茶屋

2015年に地下鉄東西線が開通し、ぐんとアクセスが向上した二軒茶屋。年々人気を高めるこのエリアにHさんご一家のお住まいがあります。ご自宅から地下鉄・連坊駅まで歩いて約5分。連坊駅と仙台駅間は2駅、わずか4分で行き来できます。

「地下鉄沿いにあるわたしの実家に行ったり、仙台駅前に出掛けたりと、連坊駅はほぼ毎日のように利用しています。バスや仙石線もありますけど、本数が多い地下鉄がやっぱり便利ですね」と奥様。 イイミライエの特長の一つ「駅近」の環境に満足されているようです。

ご一家は30代のご夫婦と、1歳の誕生日を迎えたばかりの娘さんの3人家族。以前は1LDKのアパートで暮らしていましたが、娘さんが産まれ手狭になったためマイホーム探しを始めました。

イイミライエとの出合いは昨年夏。 「(東西線沿線の)宮城野や木ノ下、二軒茶屋あたりで物件を探していたとき、ちょうど完成したばかりのここを見掛けたんです。コンクリート住宅っていいなと思い、中を見せてもらったのがきっかけです」とご主人。おしゃれな外観と耐震性、耐久性の高さに魅力を感じたそうです。

外観

ご夫婦の間ではマンションも候補に挙がっていましたが、立地の良さや家の広さ、そして価格面でイイミライエを選択されました。
「トータル的な支払いを比べたとき、マンションの管理費を考えるとあまり変わりませんでした。同じぐらいの金額を払ってこの広さの一戸建てが持てるなら、こちらの方がいいかなと」(奥様)

新居を訪れたご家族やご友人からの評判は上々です。 「これから一戸建ての購入を考えている友人夫婦が多いんですが、特に旦那さんに褒められることが多いです。うちのような『1階に駐車場がある3階建ての家』に憧れがあるみたいで、すごく気に入ってくれますね」

入居から5カ月あまり。広々とした L D K がお気に入りの空間だそうです。ソファやテーブル、娘さんが寝たり、遊んだりする畳スペースなどを設けても、まだまだゆとりが感じられます。

内観

7帖のワイドバルコニーとリビングをつなぐ大開口窓も空間に一体感をもたらし、より開放的な印象に。

バルコニーは奥行きも広く、洗濯物を干すだけでなく、さまざまな活用法がありそうです。 「夏になったらプールを出して娘を遊ばせたり、バーベキューもしてみたいですね」と奥様。

ご主人も「テーブルやイスを置いてお茶するのもいいかも」と笑顔で語ります。

外観

小さなお子さんを持つご家族にとって、イイミライエの高い遮音性が暮らしに安心感を与えています。
「前に住んでいたアパートは、上や隣の音が聞こえる環境でした。お隣さんは小さいお子さんがいたので気にならなかったんですが、上階は独身の方だったので娘の声がうるさいと思われているのではと気掛かりでした。ここはコンクリートなので音を心配せず過ごせています」と奥様。

内観

「この家で子どもがのびのびと育ってくれれば」とご夫婦。お子さん誕生をきっかけに始まったイイミライエでの暮らし。娘さんの成長とともに、ご家族のさまざまな思い出がこの家に刻まれていくことでしょう。