イイミライエのあるまち

風を感じながら杜の都を一望

都心にいちばん近い緑の丘

ー仙台・萩ヶ丘ー

‐ 2018.06.02

仙台駅前からクルマでわずか10分。
広瀬川越しに市街地を望む高台が萩ヶ丘です。


杜の都仙台のシンボルとして親しまれている広瀬川。
四季折々に豊かな表情見せる清流を渡り、坂道を上り切ると萩ヶ丘地区に。
この一帯は仙台の町の発展にともなって早くから家々が建ち、
昔ながらの雰囲気を残す路地も見られる、どこか懐かしさが漂う地域です。
自然環境を生かした公園や神社仏閣など歴史的な建物も点在し、 「居住」と「やすらぎ」が優しく同居しています。
街中までのアクセスの良さ、高台の眺望の良さから、
住宅地として長年にわたり根強い人気をもつエリアのひとつです。


眺望のよさは折り紙付き。

仙台の街並み、夜景のベストスポット。

このエリアのキーワードとしてまず挙げられるのが「眺望」です。 市街地から広瀬川を渡ったこのエリアは、急峻ともいえる地形を成しています。市街地との距離が近く、遮るものがないため、見応えのある眺望を楽しむことができるのです。 日中だけでなく、日が落ちるとまたひときわ美しい夜景が広がります。
仙台総鎮守の「愛宕神社」は夜景スポットとしてとくに有名です。境内には展望デッキがあり、仙台の高層ビル群や繁華街の灯りが一望に。日中は晴れていれば、閖上、亘理方面に至る仙台湾の海岸線も望むことができます。

もちろん、イイミライエ分譲物件からも仙台の街が手に取るように。 リビングに居ながらにして絶景を眺められる日々。このエリアでしか味わえない贅沢ですね。

 

すぐ手前に広瀬川、向こうには仙台のビル群が一望。

 

緑に囲まれた小さな神社ながら、総鎮守として仙台の街を見守り続けている。

 


イイミライエ分譲物件の窓からも眺望良好。

 


地形を生かした公園や施設が充実。

市民に親しまれる、緑の憩いエリア。

 

瑞鳳殿や仙台市野草園といった、仙台市民なら一度は訪れたことのある名所・見どころもごく近くに。このような文化・教育施設と近接しているのも新興住宅地にはない魅力のひとつともいえるのではないでしょうか。
野草園は起伏に富んだ地形を生かし、どんぐり山、高山植物区、のばら区、水生植物区、 海辺の植物区などなど多彩な展示エリアを展開。夏休みやゴールデンウィーク期間には、親子向けの講座やワークショップなどのイベントも開催しています。
野草園を含む広大なエリアは「大年寺山風致地区」として保護されており、運動がてらに散策する人たちもちらほら。野草園に隣接して残る大年寺跡、そこから惣門へと下る274 段の美しい石段は地元の方に親しまれるウォーキングルートの一部にもなっているようで、 心地よい汗をかきながら行き交う人の姿に多く出会います。

 


草本約500種、木本約360種、コケ・シダ合わせて約180種もの多彩な植物が茂る野草園。
園内はアップダウンがあり、一周するだけでかなりの運動量に。

 


大年寺の石段は木々の枝がつくる緑のトンネル。その向こうには仙台平野と太平洋が眺められます。

 


高台の立地を生かし、テレビ塔がそびえます。

 

 

この地域のランドマークとして、もうひとつ挙げておきたいのが「向山中央公園」です。
まず目に飛び込んでくるのは、巨大なアスレチックコース。ジャングルジムやブランコ、 滑り台、土管くぐりなどを複合させた、子どもにとってはまさに「秘密基地」のような遊具が圧巻です。
その横には広々とした野原。小高くなった場所もあり、放課後ともなると子ども達がかけっこしたり、キャッチボールしたり…自然の中でころげ回る微笑ましい姿があちこちに。 園内には管理人も常駐しており、安心して子どもたちを遊ばせることができます。

 


昭和44年に完成したという向山中央公園のシンボル・巨大遊具。
アスレチックの全長180m、そのゴールにある滑り台は長さ16mにもなるそうです。

 

 

 

イイミライエ分譲物件からお散歩がてら行けるご近所のおすすめのお店。
感度の高いカップルや家族連れに人気のお店が続々と登場しています。


非日常の贅沢空間でいただく本格手打ちそば
鹿落堂(ししおちどう)

山から鹿や猪が下ったことからその名が付いた鹿落坂(ししおちざか)。その坂に建つ鹿落堂は手打ち蕎麦と甘味、日用品のお店です。どこを切り取っても絵になる空間はモダンでスタイリッシュ、それでいて木の風合いが落ち着きも感じさせます。蕎麦は十割と二八の2種類。宮城県北・大崎市鳴子川渡産を軸に国産蕎麦を石臼挽きし、蕎麦そのものの力を存分に生かしています。国産の優しい素材で手作りした甘味、一生ものとして迎えたい暮らしの道具や器たち。その一つ一つから、作り手の気配や物語が伝わってきます。

住所/仙台市太白区向山1-1-1
電話/022-395-8074
営業時間/蕎麦11:00~15:00(ラストオーダー14:30)甘味15:00~17:00(ラストオーダー16:30)
定休日/毎週金曜日
https://www.shishiochido.com/

 


手前に広瀬川、向こうに仙台市街地を見晴らす贅沢な眺望が、非日常の特別感をプラス。会話もついつい弾みます。

 


天ぷら、小鉢、茶碗蒸し、わらび餅が付く人気の蕎麦御膳は十割2,100円、二八 1,900円。

 


どこか懐かしさを感じられる甘味も好評。

 

 


こども園の中のカフェ。男性おひとりさまも歓迎

Café 1un 2deux 3trois,soleil!  (カフェ アン・ドゥ・トロワ ソレイユ)

木々に囲まれた可愛らしい八角形のログハウス。週替わりのランチはパスタ、ご飯ものの2タイプが用意されています。新登場の「向山ワッフル」やタルトといった自家製スイーツも人気。 向山こども園の敷地内にありますが、誰でも利用できます。男性のおひとりさまも大歓迎!
幼稚園時代から約60年の歴史をもつ向山こども園。園の周辺は動物園や公園など教育・ 文化施設が点在していて、カフェオーナーの鈴木さんは「仙台市内でも特に教育的意識の高い地域」と話します。住民の思いやりや互助の精神も根付き、冬場にはとなり近所まで雪かきする風景も見られるとのこと。こんなまちなら冬の運転も安心ですね。

住所/仙台市太白区八木山緑町21-10
電話/022-305-7552
営業時間/平日11:30~16:00(ランチ11:30~14:00)土・日曜日、祝日12:00~16:00(イベントや出店などにより休みの場合あり)
定休日/毎週月曜日
http://cafe-undeuxtrois.wixsite.com/123soleil

 


もともとは園の行事などに使われていた建物なので靴を脱いで入ります。
床に寝転んでお絵かきをしたり、玩具で遊んだりと小さなお子さんも伸び伸び過ごせます。

 


向山ワッフルは表面にコーンフレークをまぶし栄養価と食感をプラス。お子さんのおやつにもぴったりです。
1番人気のチョコバナナ(写真)をはじめ、自家製キャラメルバナナ、ベーコンチーズ(トマトソース添え)など6種類。350円~。200円プラスでアイスクリーム添えにできます。テイクアウトなら各50円引き。