イイミライエのあるまち

お米がおいしい、野菜が豊富

子育て世代にもやさしいコンパクトな街

ー大崎・古川中心市街地ー

‐ 2018.10.30

    宮城県北部のまち・大崎市古川地域。
    東北新幹線、陸羽東線、東北自動車道などが東西を結び、交通の利便性がよく、古くから県北の中心的な機能をになう都市として栄えてきました。
    大型のスーパーマーケットやホームセンターもそろい、近隣のまちと比べると、小児科や産婦人科などの医療機関も比較的充実。幼稚園は徒歩圏内に数カ所点在していて、子育て世帯に多く選ばれているエリアのひとつです。
    川や山など大自然もとっても身近。車で1時間弱のところには温泉番付で東の横綱にも選ばれた名湯・鳴子温泉郷もあります。


    古川といえば米
    世界が認める産地です


    古川が誇れるもののひとつが「米」。古くからの産地で、「ササニシキ」「ひとめぼれ」など数々のブランド米を生み出した県の機関・農業試験場も古川にあります。最近は「ささ結」「金のいぶき」など新顔も続々と登場し、選ぶ楽しさも増えています。
    田植え前、一斉に張られた水が鏡のように輝く春、青々と育った苗が風にそよぐ夏、頭を垂れた稲穂が黄金色のじゅうたんと化す秋と、季節ごとの田園風景も圧巻です。

     

    持続可能な水田農業を支える「大崎耕土」の伝統的水管理システムが国際的に認められ、2017年には「世界農業遺産」にも認定されています。
    世界が認める米どころですから、地元飲食店のご飯がどこも安定したおいしさ。中には、生産者が減るササニシキの提供にこだわり続けるお店や、握りたてのおにぎりが並ぶお店、家庭的な手作りのお惣菜が人気のお弁当屋さんなどもそろいます。

     

    古川は夜のスポットも充実。一説によれば、「人口に対する飲み屋の数が高い地域」とか。
    米どころは酒どころ。上質な米と水で醸した地酒はもちろん、炭火が香る焼き鳥、塩竈や石巻直送の新鮮な海産物、地場野菜をふんだんに使った目にも美しい創作料理など各店が趣向を凝らした「おもてなし」で迎えてくれます。

     


     

     

    子どもの遊び場が充実
    まちの色を映す商店街も

     

    アウトドア派もインドア派も満足できるスポットも充実しています。
    自然を感じながら遊びたい。そんなフミリーに人気なのが「化女沼・古代の里」。広々とした緑地に木製大型遊具やあやめ園、散策路などが整備され、春はお花見、夏はバーベキュー、秋には芋煮会を楽しむ人たちでにぎわいます。(※火を使う場合は事前の申請が必要になる場合があります)
    近くの化女沼は「ラムサール条約(特に水鳥の生息地として国際的に重要な条約)」の登録湿地に指定され、冬になるとたくさんの白鳥やヒシクイが飛来。沼はバス釣りの人気スポットにもなっています。

     

    インドア派なら「パレットおおさき」。世界最高峰のプラネタリウム投影機を2017年夏、東北で初めて導入。1億個の星々を映し出す「絶景プラネタリウム」は、まるで本物の星空を眺めているかのような臨場感と迫力です。寝てリラックスしてもらうことを目的にした「熟睡プラ寝たリウム」などユニークなイベントも開かれています。

     

    スーパーやホームセンター、家電量販店、ドラッグストアなどが充実している古川ですが、それぞれのカラーをもつ昔ながらの商店街も形成されています。何世代にもわたって続く老舗も多く、ぶらりと散策すればまちの空気感が感じられるはず。

    定期的に「市」も催され、店自慢の商品や市限定品などが並びます。お店の方との交流も楽しく、各店に足を運びたくなるきっかけづくりにもなっているようです。

     

    イイミライエ分譲物件からほど近い、おすすめのスポット。
    農業、食、文化とジャンルは違いますが、どちらも「触れ合い」があります。


    まちなかの農産物直売所
    旬の店シンフォニー

     

    店名通り、旬の野菜や果物をはじめ、お花や米、加工品などが並ぶ農産物直売所。JR古川駅から車で5分、お店が立ち並ぶ国道108号のすぐそばなので、日々のお買いものがてら気軽に立ち寄れます。オープンから今年2018年で20年、大崎市内にある直売所の中でもさきがけ的な存在です。
    地元古川の農家のお母さんたちが毎朝、自宅の畑からもぎたてをお届け。イボが尖ったキュウリ、色味が深くツヤツヤのナスなど新鮮そのものの野菜を100円、200円とお安く販売しています。お母さんたちが交代でお店に立ち、おすすめの調理法や上手な保管法などもアドバイス。時には居合わせたお客さんが目新しいレシピを教えてくれることも。何気ないお店での交流がまちを知るきっかけにもなりそうですね。
    年1回、親子向けのイベントも開催。サツマイモ掘りや、野菜たっぷりの焼肉のタレ作りといった農家ならではの体験が楽しめます。

     

    農家のお母さん達が毎朝のように搬入する採れたて野菜が所狭しと並びます。

    住所/大崎市古川駅東2丁目23-1
    電話/0229-24-7209
    営業時間/10:00~18:00
    定休日/年始

     

    赤ちゃんからお年寄りまで。知と集いの場
    大崎市図書館~来楽里(きらり)ホール~

     

    2017年7月に開館した大崎市の新・図書館。「来楽里(きらり)ホール」の愛称を持ち、図書館機能のほか、サークル活動や講演会に使える研修室やホール、ピザやケーキが人気のカフェなども併設しています。
    週二回、ボランティアが中心となり「おはなし会」も開催。たくさんの親子が絵本や紙芝居の読み聞かせを楽しんでいます。手遊びなどで親子のスキンシップを図ったり、年齢が近い子とママたちの交流の場にもなっているそう。
    おはなし会に集う赤ちゃん、友達とテスト勉強に励む中高校生、館内のあちこちに置かれた椅子でのんびりと読書を楽しむお年寄り…。幅広い年代が思い思いの目的に集う、学びと憩いの場。家族みんなでお出かけしたいスポットです。

     

    おはなし会/10:30~11:00 水曜日:赤ちゃん向け(0~2歳児)、土曜日:幼児向け(3~6歳児)

    住所/大崎市古川駅前大通4丁目2-1
    電話/0229-22-0002
    開館時間/火~金曜日 9:30~19:00 土・日曜日、祝日 9:30~17:00
    休館日/月曜日、毎月第3木曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始(12月28日~1月4日)、特別整理期間
     

    風を感じながら杜の都を一望

    都心にいちばん近い緑の丘

    ー仙台・萩ヶ丘ー

    ‐ 2018.06.02

    仙台駅前からクルマでわずか10分。
    広瀬川越しに市街地を望む高台が萩ヶ丘です。


    杜の都仙台のシンボルとして親しまれている広瀬川。
    四季折々に豊かな表情見せる清流を渡り、坂道を上り切ると萩ヶ丘地区に。
    この一帯は仙台の町の発展にともなって早くから家々が建ち、
    昔ながらの雰囲気を残す路地も見られる、どこか懐かしさが漂う地域です。
    自然環境を生かした公園や神社仏閣など歴史的な建物も点在し、 「居住」と「やすらぎ」が優しく同居しています。
    街中までのアクセスの良さ、高台の眺望の良さから、
    住宅地として長年にわたり根強い人気をもつエリアのひとつです。


    眺望のよさは折り紙付き。

    仙台の街並み、夜景のベストスポット。

    このエリアのキーワードとしてまず挙げられるのが「眺望」です。 市街地から広瀬川を渡ったこのエリアは、急峻ともいえる地形を成しています。市街地との距離が近く、遮るものがないため、見応えのある眺望を楽しむことができるのです。 日中だけでなく、日が落ちるとまたひときわ美しい夜景が広がります。
    仙台総鎮守の「愛宕神社」は夜景スポットとしてとくに有名です。境内には展望デッキがあり、仙台の高層ビル群や繁華街の灯りが一望に。日中は晴れていれば、閖上、亘理方面に至る仙台湾の海岸線も望むことができます。

    もちろん、イイミライエ分譲物件からも仙台の街が手に取るように。 リビングに居ながらにして絶景を眺められる日々。このエリアでしか味わえない贅沢ですね。

     

    すぐ手前に広瀬川、向こうには仙台のビル群が一望。

     

    緑に囲まれた小さな神社ながら、総鎮守として仙台の街を見守り続けている。

     


    イイミライエ分譲物件の窓からも眺望良好。

     


    地形を生かした公園や施設が充実。

    市民に親しまれる、緑の憩いエリア。

     

    瑞鳳殿や仙台市野草園といった、仙台市民なら一度は訪れたことのある名所・見どころもごく近くに。このような文化・教育施設と近接しているのも新興住宅地にはない魅力のひとつともいえるのではないでしょうか。
    野草園は起伏に富んだ地形を生かし、どんぐり山、高山植物区、のばら区、水生植物区、 海辺の植物区などなど多彩な展示エリアを展開。夏休みやゴールデンウィーク期間には、親子向けの講座やワークショップなどのイベントも開催しています。
    野草園を含む広大なエリアは「大年寺山風致地区」として保護されており、運動がてらに散策する人たちもちらほら。野草園に隣接して残る大年寺跡、そこから惣門へと下る274 段の美しい石段は地元の方に親しまれるウォーキングルートの一部にもなっているようで、 心地よい汗をかきながら行き交う人の姿に多く出会います。

     


    草本約500種、木本約360種、コケ・シダ合わせて約180種もの多彩な植物が茂る野草園。
    園内はアップダウンがあり、一周するだけでかなりの運動量に。

     


    大年寺の石段は木々の枝がつくる緑のトンネル。その向こうには仙台平野と太平洋が眺められます。

     


    高台の立地を生かし、テレビ塔がそびえます。

     

     

    この地域のランドマークとして、もうひとつ挙げておきたいのが「向山中央公園」です。
    まず目に飛び込んでくるのは、巨大なアスレチックコース。ジャングルジムやブランコ、 滑り台、土管くぐりなどを複合させた、子どもにとってはまさに「秘密基地」のような遊具が圧巻です。
    その横には広々とした野原。小高くなった場所もあり、放課後ともなると子ども達がかけっこしたり、キャッチボールしたり…自然の中でころげ回る微笑ましい姿があちこちに。 園内には管理人も常駐しており、安心して子どもたちを遊ばせることができます。

     


    昭和44年に完成したという向山中央公園のシンボル・巨大遊具。
    アスレチックの全長180m、そのゴールにある滑り台は長さ16mにもなるそうです。

     

     

     

    イイミライエ分譲物件からお散歩がてら行けるご近所のおすすめのお店。
    感度の高いカップルや家族連れに人気のお店が続々と登場しています。


    非日常の贅沢空間でいただく本格手打ちそば
    鹿落堂(ししおちどう)

    山から鹿や猪が下ったことからその名が付いた鹿落坂(ししおちざか)。その坂に建つ鹿落堂は手打ち蕎麦と甘味、日用品のお店です。どこを切り取っても絵になる空間はモダンでスタイリッシュ、それでいて木の風合いが落ち着きも感じさせます。蕎麦は十割と二八の2種類。宮城県北・大崎市鳴子川渡産を軸に国産蕎麦を石臼挽きし、蕎麦そのものの力を存分に生かしています。国産の優しい素材で手作りした甘味、一生ものとして迎えたい暮らしの道具や器たち。その一つ一つから、作り手の気配や物語が伝わってきます。

    住所/仙台市太白区向山1-1-1
    電話/022-395-8074
    営業時間/蕎麦11:00~15:00(ラストオーダー14:30)甘味15:00~17:00(ラストオーダー16:30)
    定休日/毎週金曜日
    https://www.shishiochido.com/

     


    手前に広瀬川、向こうに仙台市街地を見晴らす贅沢な眺望が、非日常の特別感をプラス。会話もついつい弾みます。

     


    天ぷら、小鉢、茶碗蒸し、わらび餅が付く人気の蕎麦御膳は十割2,100円、二八 1,900円。

     


    どこか懐かしさを感じられる甘味も好評。

     

     


    こども園の中のカフェ。男性おひとりさまも歓迎

    Café 1un 2deux 3trois,soleil!  (カフェ アン・ドゥ・トロワ ソレイユ)

    木々に囲まれた可愛らしい八角形のログハウス。週替わりのランチはパスタ、ご飯ものの2タイプが用意されています。新登場の「向山ワッフル」やタルトといった自家製スイーツも人気。 向山こども園の敷地内にありますが、誰でも利用できます。男性のおひとりさまも大歓迎!
    幼稚園時代から約60年の歴史をもつ向山こども園。園の周辺は動物園や公園など教育・ 文化施設が点在していて、カフェオーナーの鈴木さんは「仙台市内でも特に教育的意識の高い地域」と話します。住民の思いやりや互助の精神も根付き、冬場にはとなり近所まで雪かきする風景も見られるとのこと。こんなまちなら冬の運転も安心ですね。

    住所/仙台市太白区八木山緑町21-10
    電話/022-305-7552
    営業時間/平日11:30~16:00(ランチ11:30~14:00)土・日曜日、祝日12:00~16:00(イベントや出店などにより休みの場合あり)
    定休日/毎週月曜日
    http://cafe-undeuxtrois.wixsite.com/123soleil

     


    もともとは園の行事などに使われていた建物なので靴を脱いで入ります。
    床に寝転んでお絵かきをしたり、玩具で遊んだりと小さなお子さんも伸び伸び過ごせます。

     


    向山ワッフルは表面にコーンフレークをまぶし栄養価と食感をプラス。お子さんのおやつにもぴったりです。
    1番人気のチョコバナナ(写真)をはじめ、自家製キャラメルバナナ、ベーコンチーズ(トマトソース添え)など6種類。350円~。200円プラスでアイスクリーム添えにできます。テイクアウトなら各50円引き。

     

    都市と自然がベストバランス

    動きやすいサイズ感でファミリーにもうれしい

    ー多賀城市ー

    ‐ 2018.03.22

    仙台市の東に位置する多賀城市。
    東北本線と仙石線の2路線が通り、仙台中心部まで所要時間はわずか15~20分というアクセスのよさからかファミリーを中心に人気のまちです。

     

    「多賀城」という地名には聞き覚えのある方も多いのではないでしょうか。

    奈良~平安時代まで東北地方の政治・文化・軍事の中心地として栄え、有名な前九年の役、後三年の役でも軍事拠点となりました。

    人や物資が集まり、要所となってきた多賀城。

    古くから地の利がよく、魅力ある土地だったのかもしれません。

    西は仙台と隣りあい、北東へ向かえば塩釜や松島といった観光スポットもごく近く。

    街にも、海や山へも、アクセス良好。

    ここ40年ほどで人口は約1.5倍、世帯数は約2倍に増加しています

    (*平成30年2月末現在で人口約62,300人、世帯数約26,600世帯)

     

    市内には「古代都市・多賀城」の息吹を今に伝える貴重な史跡が点在している。

     

     

    図書館や子育て支援センターはイイミライエ分譲物件から徒歩圏内。

     

    通勤や通学、レジャーで各地へのアクセスのよいのはもちろんですが、市内の教育・文化設備も充実。市は「東北随一の文化交流拠点」を目指しています。

    その象徴のひとつともいえるのが、JR多賀城駅前に2016年3月にリニューアルオープンした「多賀城市立図書館」。イイミライエ分譲物件(中央2丁目)からは徒歩5分足らずの場所にあります。カルチュア・コンビニエンス・クラブが運営する、いわゆる「TSUTAYA図書館」として全国で3番目に開館しました。カフェや書店、コンビニも併設する図書館には市内のみならず、市外からも来館者があとをたちません。

    JR多賀城駅をはさんだお隣には子育て支援センター「すくっぴーひろば」。土日も開館しているので、パパとちびっこたちの利用も多く見られます。

    また、イイミライエ分譲物件のお向かい、多賀城市文化センターもさまざまなイベントが目白押しの施設です。ファミリー向けのコンサートや本格的なオーケストラの演奏会、はたまた市民参加型のマルシェなどがひんぱんに開かれています。

    駅周辺のこれらの施設をお散歩がてらにめぐるだけでも、週末を十分に楽しく過ごせそうですね。

    読み聞かせの会やワークショップなど、「本」や「読書」から広がる多彩なプログラムも特徴的。

    周辺地域の開発が目覚ましいJR仙石線・多賀城駅。駅構内には観光案内所やパン店、農産物直場所などが入居している。

     

    自然環境を生かした広大な公園が2カ所も

     

    体を動かしたい!自然のなかで過ごしたい! そんなときには広い公園へ出かけてみましょう。
    市内には宮城県立の都市公園が2カ所もあります。

    「加瀬沼公園」は野球場やサッカー場のほか、子ども向けの遊具、BBQや芋煮を楽しめるかまどまで完備。広い芝生を思いっきり駆け回れるとあって、ファミリーに大人気の公園のひとつです。

    もうひとつは多賀城から七ヶ浜にかけて広がる「仙台港多賀城地区緩衝緑地公園」。こちらも陸上競技場やテニスコートなどのスポーツ設備のほか、2キロにわたる遊歩道も整備されています。

    まちなかには「多賀城公園」。上記の2公園ほどの広さはありませんが、バラ園や藤棚など季節の花々も楽しめるご近所公園として親しまれています。丘を利用して造られているので、結構なアップダウンが。散歩するだけでもなかなかの運動になります。

    加瀬沼公園の大型遊具はちびっこ達に大人気。
    加瀬沼は昭和中頃まで塩釜の上水道水源となっていた。

     

    老舗から新顔まで。菓子店、カフェがひしめく街
    スイーツ好きには名の知れたお菓子屋さんが多賀城にはいくつもあります。

    それぞれのお店には定番のほかに「看板」ともいえるオリジナル商品が並び、個性を競っています。また、古代米や古代米で醸したお酒「おもわく姫」、藻塩など近郊で作られた食材を使ったスイーツを次々とリリースしているのも、この街のお菓子屋さんの特長かもしれません。

    女性やママたちに人気のカフェもここ最近、どんどん増えています。

    安心安全な食材をつかったメニュー、子連れでも気兼ねなく過ごせる空間、気さくなスタッフ…だれもが心地よい時間を過ごせる場所がそこかしこに。

    わざわざ遠出をしなくとも、美味しいものに出会えるコンパクトさ加減も、多賀城の魅力のひとつですね。

     

    厳選素材のマカロンが大人気
    MURATA

    多賀城市内だけでなく、宮城県内からわざわざ訪れるファンも多い人気洋菓子店。取材中もお客さんが絶えません。1番人気はマカロン。発売開始は約20年前、日本でまだマカロンがあまり知られていなかった頃からの定番商品です。味の決め手はアーモンドの女王と呼ばれるスペイン産マルコナ種をはじめとした厳選素材と、それらの絶妙なバランス。20年間2000回もの試作の末にたどり着いたレシピなんだそう。ヨーロッパの街角にありそうな店構えやインテリア、中世のフランスをイメージしたスタッフの制服などお店の雰囲気も素敵で、高揚感や期待感に包まれます。

    住所/多賀城市町前3-2-25(ホテルキャッスルプラザ向かい)
    電話/022-362-7767
    営業時間/9:30~19:00(日曜・祝日~18:30)
    定休日/毎週火曜日、月半ばで1回水曜日
    https://www.kazunoli-mulata.com/

    レモン、ショコラ、抹茶など定番10種類のほか、季節限定のプレミアムマカロン2種類が並びます。カラフルな彩りが美しく、眺めているだけで幸せな気持ちに。
    洗練された外観や内装、制服、さらにショップカードに至るまですべてシェフのデザインなんだそう。
    マカロンのほか焼き菓子やケーキも人気。

    厨房では職人たちが作業に追われています。

     

     

    昼はお得ランチ、夜はライブが楽しめる。
    HARI・SUN  CAFE(ハリサンカフェ)

    昼はパスタやカレーなどが人気のランチのお店、夜は生演奏やダンスが楽しめるライブスポットと、多彩な魅力を持ちます。ランチは約20種から選べるサラダとおかずのバイキングが好評。自家製ドレッシング、手作りの煮物、漬物など一品一品手が込んでいます。夜はジャズやポップス、ベリーダンス、フラなど多彩なステージを開催。本格的なオープンステージを備えたお店は多賀城では珍しく、音楽好きが集い、食事やお酒を楽しみながらライブ感を味わっています。

    多賀城市下馬5-3-2(七十七銀行下馬支店となり)
    電話/022-367-0516
    営業時間/11:30~24:00
    ランチ営業は水・木・金・土曜日11:30~14:30
    定休日/月曜日
    https://harisuncafe.jimdo.com/

    明るく開放的な店内は西海岸カリフォニアの海と太陽のイメージ。
    ランチは日替わりのご飯ランチ(この日はオムライス)と、5種類から選べるパスタランチがいただけます。
    ピアノやドラムなどを備えたオープンステージ。過去には、グラミー賞受賞歴があるピアニスト・デイヴィッド・マシューズも演奏している。