イイミライエとは

「かつて親が家を買ったのも私への愛情だったのだろうか?」
何気なく見ていた雑誌から飛び込んできた見出しです。
人はどんな理由で家を持とうと考えるのか。
根底にあるのは「幸せになりたい」という家族への気持ち。
家を考えることは、家族を考えること。
守りたいパートナーや子供の存在が
家を選ぶときのエネルギーであり基本ではないでしょうか。
それだけのエネルギーをかけて手にした家を、古くなったから壊して造りなおす。
いつしかそれが家なんだと思い込んでいませんか?

造っては「壊し」壊しては「造る」、そしてまた壊す。
RC住宅「イイミライエ」は「壊す」「造る」「壊す」といった
従来の住環境システムには囚われない
長期優良住環境システムの家なのです。